化粧水の場合には製品を安定して使えるのも大事?

MENU

化粧水の場合には製品を安定して使えるのも大事?

化粧水

水中の雑菌に対して効果が高いのは今ではよく使用されているフェノキシエタノールなど防腐剤の代替えよりパラベンの方が少量で多くの種類の雑菌を殺菌することができます。

 

しかし今日では無添加志向などもあり旧表示指定成分に指定されているパラベンの仕様よりもフェノキシエタノールの印象の方が消費者への印象が良いのが関係しているかもしれません。

 

水中に雑菌が繁殖しやすい状態をある程度抑えるという目的もアルカリ性にはあります。弱酸性は肌と同じという面がありますが、シャンプーを例にしてみると元々石鹸シャンプーもアミノ酸系シャンプーも弱酸性で販売されていますが、元々製造されている時は弱アルカリ性の状態です。

 

石鹸はそのままの理由は弱酸性にすると泡立たないからです。

 

アミノ酸系は弱酸性にしても泡立ちをキープできるという面があります。

 

アルカリ性の場合には使用感がかなり劣りやすいという面もあることも関係しているのかもしれませんが、肌と同じ弱酸性の化粧水のメリットは肌なじみが良い面もあるかもしれません。

 

化粧水の場合には製品を安定して使えるのも大事? 関連記事

▲化粧水の場合には製品を安定して使えるのも大事? 上へ戻る

化粧水の場合には製品を安定して使えるのも大事? このページの先頭へ戻る