ニキビ跡というと色々も種類もあるがどれも治りにくい?

MENU

ニキビ跡というと色々も種類もあるがどれも治りにくい?

種類

ニキビ跡というと色々種類がありますが、クレーターのように毛穴が潰れてしまっている場合を除いて赤みがひかないタイプなどどれも治りにくいものばかりです。

 

茶色くなってしまったシミみたいなニキビ跡の場合でも、シミを綺麗にするというのもスキンケアで考えると無理!となってしまいやすいためどれも非常に大変です。

 

なおかつ化粧水というと美容成分が一番少ないので、ニキビ跡を治す化粧水というとどうしても首をかしげることが多いです。

 

美容液など美容成分など医薬部外品でしたら医薬部外品の成分がおおければそれは見てみようと思うかもしれません。

 

なんとなく美容液や保湿用のクリームよりも化粧水の方が肌なじみが良く感じられることもあるため浸透性が良いから肌にいいのだろうと思ってしまう事もしばしばあります。

 

しかしほおっておくとより他のコスメよりも乾燥してしまい勝ちなので、化粧水って意味があるのだろうかとふと思ったことがありますが、使用感が良いので使用しています。(笑)

 

あまり化粧水の良し悪しを判断するのは得意ではない?

ニキビ跡を治すという化粧水はネットでもよくホームページでも見かけますが、市販のものからネット通販のもに加えて医薬品など色々見つけることが出来ます。

 

自分に合ったものというのを見つけるには難しい面もありますが、気に入ったものを買って使ってみてそれからどうするかという面を考えるのが一番ですよね。

 

そのためいきなり定期しかないとげんなりする事もあるかもしれません。

 

私の場合には良い悪いというのがネット上だと判断も付きにくいので、よりじっくり検討するようにしていますが、じっくり検討すると腰が重くなるのでうまく折り合いをつけるのが大事かもしれませんね。

 

ニキビ跡というと色々も種類もあるがどれも治りにくい? 関連記事

▲ニキビ跡というと色々も種類もあるがどれも治りにくい? 上へ戻る

ニキビ跡というと色々も種類もあるがどれも治りにくい? このページの先頭へ戻る