生え際の後退の原因は?の情報ページ

生え際が後退する原因はどこにあるのか?

生え際が後退する原因について

生え際が後退してくる原因はどこにあるのでしょうか?前髪が細毛に繋がり抜け毛になっていきますが、これは男性ホルモン量が多い場合頭皮の皮脂腺が発達する事と関係しています。

 

男性ホルモンの代表格でもあるテストステロンが毛根に存在する毛母細胞に作用してくるんですよね。

 

毛母細胞は脱毛症全般でも関係が深いのですが、どのような原因であれ結局毛母細胞の働きが低下する事で抜け毛が増えるそうです。

 

育毛剤などで毛母細胞の働きを高めるのは、血行促進と頭皮環境を改善し栄養を毛根に届ける事で毛母細胞の働きを高めようとします。

 

生え際の後退では特に皮脂腺が発達する事で毛母細胞の働きが悪くなり毛母細胞を包み込んでいる毛根ごと抜けおちてしまう事です。

 

やはり生え際の後退を食い止めるには皮脂腺は毛穴の量と関係しているので毛穴をキレイにしておくことが大切です。

 

遺伝との因果関係が深い男性型脱毛症ですが、日々のケアを忘れない様に丁寧に行っていきましょう。

生え際の後退の原因は? 記事一覧

生え際の後退の原因は? このページの先頭へ戻る