脂漏性皮膚炎の原因の情報ページ

脂漏性皮膚炎の原因について

脂漏性皮膚炎の主な原因

そもそも、なぜ脂漏性皮膚炎になってしまうのか、その原因についてですが現在のところははっきりとしたことがわかっていません。遺伝が原因だとも言われていますし、ストレスが原因とも言われています。

 

そして、細菌ではマラセチアというカビの1種が大きく関わっているのではないかと考えられはじめています。マラセチアは皮脂を栄養源として活動しており、マラセチアが増殖することで脂漏性皮膚炎が引き起こされてしまうという仕組みです。

 

脂漏性皮膚炎になってしまった場合は皮膚科をはじめとして専門機関で治療を受けることになります。治療法としてはステロイドの利用が一般的で、頭皮の脂漏性皮膚炎では液体タイプのステロイドを塗ります。

 

短期間で改善できるのですが、やはり脂漏性皮膚炎にならないように普段から対策をしておくのがベストです。

 

マラセチアが原因だと考える場合、エサとなる皮脂の分泌を抑えることがポイントになりますから、毎日のシャンプーが重要になります。

 

正しくシャンプーをして頭皮の状態を正常に保つことができれば、マラセチアも増殖することができなくなりますので、大きな予防効果を発揮してくれるでしょう。

脂漏性皮膚炎の原因 記事一覧

脂漏性皮膚炎の原因 このページの先頭へ戻る