シジミなど魚介類の栄養情報や特徴は?

MENU

シジミなど魚介類の栄養情報や特徴は?

魚介類

しじみなど魚介類に属していますが、まず魚介類の主な特徴など、どのあたりにあるのでしょうか?

 

アジやイワシ、マグロを代表にした魚類は肉類と同じようにタンパク質を多く含み脂肪も多いのが特徴です。

 

大きく違うのは、同じ脂肪でも肉類は飽和脂肪酸が多いといわれています。

 

魚類では不飽和脂肪酸が逆に多いです。悪玉と善玉に分かれます。

 

善玉と悪玉の体の中での働きが大きく違うのは、悪玉の場合にはコレステロールとして体内で血管にこびり付いてしまい血行を阻害してしまうため生活習慣病でも心筋梗塞や高脂血症などのが起こりやすい高コレステロールが起きやすいのが特徴です。

 

一方魚類に多く含まれている不飽和脂肪酸の善玉は悪玉コレステロールの値を変化させたりしてくれる善玉の脂肪酸です。

 

DHAやEPAなどが知名度が高く、オリーブオイルなどもオレイン酸と呼ばれる不飽和脂肪酸が豊富です。

 

体内で固形化してしまう悪玉と体内でも液体に保っていられるのは、融点が高いか低いかどうかで大きく違う点です。

シジミなど魚介類の栄養情報や特徴は? 関連記事

▲シジミなど魚介類の栄養情報や特徴は? 上へ戻る

シジミなど魚介類の栄養情報や特徴は? このページの先頭へ戻る