オリゴ糖の効果や特徴は?の情報ページ

オリゴ糖の主な特徴について

オリゴ糖の主な特徴

オリゴ糖はできるだけ吸収率が優れているものが良いので粉末状になっていたり純度の高いもの、含有率の高いものを選ぶようにしましょう。そして乳酸菌と一緒に摂取するということが大切です。

 

本来は腸内に元々存在しているのですが悪玉菌の数が増えることによって減少してしまうので、食事などによって外部から摂取しなければならないのです。

 

善玉菌が増える食べ物としてはヨーグルトがあります。それから牛乳も積極的に摂取した方が良いでしょう。オリゴ糖は糖類でも単糖類ではないのでコメよりは吸収速度は早いですが、ちょうと中間的な感じです。

 

ですがいくらこれらの食品を摂取しても体内で増殖しなければ量は増えません。それにはエサが必要で、善玉菌が好むエサとしてはオリゴ糖やでんぷん、乳糖などがあります。

 

大豆やたまねぎ、納豆などの発酵食品は善玉菌が好んで食べ、腸内で増殖してくれるので積極的に摂取するようにしましょう。オリゴ糖だけの摂取ではなくバランス良い栄養摂取が大切です。そのため食品の種類を増やして様々な栄養素を取り入れるように意識してみてください。

 

いろいろな製品があるけれどバランス良く取るというのが大事なのでオリゴ糖でも偏らないで食物繊維とか乳酸菌とか取るのは大切です。冷えとかあると便秘になりやすいのでショウガとか体が温まるのを摂取してみると良いでしょう。善玉菌は増えてくると日和見菌という菌は、善玉菌でもなく悪玉菌でもない菌が存在しています。

 

これが、悪玉の方が増えてくると悪玉菌の作用をし始めますが、善玉菌が増えてくると日和見菌も良い方向に機能してくれるので、是非オリゴ糖を摂取して腸内の働きを高めてみてくださいね。

 

あとはバランスのよい食事をしながら食物繊維を少し多めに摂るぐらいにしておくと良いでしょう。やはり食事量が低下すると摂取カロリーが少なくなるのである程度増やしながら消費カロリーを増やしていくことが大切です。

オリゴ糖の効果や特徴は? 記事一覧

オリゴ糖の効果や特徴は? このページの先頭へ戻る